株

乳酸菌は体に良い物質を作成

最近のニュースでも取沙汰されたように、今の時代は再生医療という研究の分野に力が入れられています。
IPS細胞が発見され、人類の未来が明るいものとなった一方、研究者が研究内容を偽装して発表するなど、あまりに腰が抜けるような事態も、起きています。
ずっと体を若いままで保ちたいというのは誰もが願う夢かもしれませんが、医療の発達は、それを可能にしようとしています。

近代の研究において、腸に良い影響をあたえるとされる乳酸菌が、多様性を持った細胞を作る、という研究結果が報告されました。
これにより、新たな乳酸菌のステージが開いたのです。
乳酸菌は今までのようにお腹の調子を整えるただの善玉菌ではなくて、人間の健康をささえてゆく中心的な存在になろうとしています。

それはとっても好ましいことですね。
もともと乳酸菌は体に良いとされ、胃腸の調子を助けることで多くの人がヨーグルトなどを食べることによって乳酸菌を体に摂り入れています。
そんな乳酸菌に関してもっと研究が進めば、もっと体に効果的な取り入れ方が考案され、私たちにより良い形で帰ってくることを期待できます。
ヨーグルトに代表される善玉菌、という立ち位置から大きく変わるかもしれません。
現在の乳酸菌の代表的な摂り入れ方http://www.xaudiotools.com/senntakuji.htmlは、発酵食品を使った料理からや乳酸菌飲料、サプリメントなどがあります。
これらの中から毎日続けやすい方法で摂取していくことが大切です。


このページの先頭へ